インフォメーション
space1
ABOUT
space2
おおくぼともこのしごと
space4
ヒンメリ
MAKE
NOTE
MEMO
space1
本
space3
動画
ヒンメリから見えてきた自然律
space6
お問い合わせ
 
ライン
戻る
1311_3

 
2013.11

.............

 
1311_3

 
2013.11

ライ麦栽培。

今回は穂から取り出した種を蒔きました。

チクチク刺さっていたかった。

 
1311_3

(c)Tomoko Okubo / Kawamura Memorial DIC Museum of Art, 2013
photo by Yosuke Otomo
 

2013.11

川村記念美術館で行なう展示イベントのリーフレットは、グラフィックデザイナーであり

折形デザイン研究所主宰の山口信博さんがアートディレクションしてくださいました。

ヒンメリと折形。共通するものを感じていていました。

お話苦手で申し訳ないのですが、山口さんと対談することになりました。

進行役の学芸員の鈴木尊志さんはエンマ・クンツの作品を国内初お披露目する展覧会を企画した方。

お二方とも私の興味ある話の引き出しをいくつも持っていらっしゃる。

私自身も対談がたのしみです。是非、聞きにいらして下さい。

ワークショップもあります。

告知ページはこちら

チラシダウンロードはこちら

 
1311_2
 

2013.11

今年穫れた麦わらの中に緑色のものが少し混じっていました。

みどりの作品を作ろうと、矢谷さんにお願いして緑色の草の糸を分けてもらって作った作品は、

生まれたばかりの瑞々しさの感じられるものになりました。

はじめ、私は緑色の麦わらを手にした瞬間「あおい!」と声が出たのです。

みどり。あお。できた作品を見ながら日本語の奥深さをしみじみ感じる。

川村記念美術館で展示します。

 
1311_1
 

2013.11

矢谷さんに分けてもらった草の糸・苧麻で、ここのところヒンメリを作っている。

麦わらとの相性が抜群によく、しっくりくるので作っていても気持ちがいい。

 
  上に戻る
c