INFORMATION
space1
ABOUT
space2
おおくぼともこのしごと
space4
ヒンメリ
MAKE
space5
 
space6
お問い合わせ
ライン


[ 閉店と今後の活動についてご報告 ]

平素より当オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
弊店は2020年7月5日をもちまして閉店させていただきます。
新型コロナウイルスの影響につき、4月より海外から麦わらの流通が止まってしまいました。
在庫切れとなり、今後について検討した結果、閉店を決めました。

2005年、フィンランドの伝統装飾ヒンメリと出合い、
書籍出版、ワークショップ等を通し日本で広める活動をして第一人者となりました。
当時本国でも出版物が見当たらない中、ヒンメリから幾何学形態、民族文化、自然の摂理を独自の観点で読み解き、
ヒンメリをインテリアとしてではなく、純真な役割や意味を誤ることなく提示してきました。

今ではワークショップをされる方や書籍を出される方や材料を販売される方も増え、
国内に広まっている様子が伺えるようになり、大変嬉しく思っております。
自分の役割はもう十分果たしたことと思いますので、ここで完全に退くことにしました。
個人のアート活動に邁進したく、数年前よりワークショップ等の活動は休止していました。

美しい形状のヒンメリを生み出した農民たちのアニミズム精神性に興味が湧き、
技術のみならず精神的伝統も受け継ぎ、2012年よりヒンメリという枠組を超越し、 固有の創造領域に入っていきました。
自然と対話するうち現れるようになった作品は、
純粋に祈りを込めて作る本来のヒンメリとは別なものになってしまったので、
麦わら彫刻として呼ぶことにしました。
私のオリジナルが混じり入り、ヒンメリが誤った形で広まることを避けるためにです。
そして”おおくぼともこ”の名のままで活動すると、どうしても作品をヒンメリと捉えられてしまうので、
創作活動時の名を’榊 智子(サカキトモコ )”に改名もしました。
近年、素材は麦わらだけでなく植物繊維や木材へと広がり、自然界への還元を果たす独創的手法が深まり、
創造の精神的原点へ向かっています。
公式HP
https://www.tomokosakaki.com

ヒンメリは自然信仰で暮らしていた農民たちが生み出した宇宙の理を含んだ造形物です。
しめ縄のように神の宿る神聖な依代であります。
日本人としてしめ縄をどう捉えるかで、ヒンメリに対しても同じように向き合うことができるかと思います。
麦わらでできたモビールがヒンメリの定義です。
それ以外の素材でできたものや形態は、本国の辞書にならって”ヒンメリ”ではなく”ヒンメリ風”と私は捉えます。

素晴らしい造形物を生み出してくれた遥か昔の人たちに敬意を払い、
ヒンメリに出逢わせていただき、広めるお役目をいただけたことに感謝いたします。
これからもヒンメリが本来の神聖さを放ちつつ存在してくれることを願いHPは残します。

オンラインショップを長い間ご愛顧いただきましたお客様には厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

おおくぼともこ
2020年7月5日満月の日に

 

 

 



 
   
c